《管の意》

  1. 刻みタバコを吸う道具。ふつう、雁首 (がんくび) ・吸い口に金属を用い、途中の管 (くだ) である羅宇 (ラウ) に細い竹を使用する。

  1. 《キセルは両端だけ金 (かね) を使っているところから》乗降駅付近だけの乗車券や定期券を持ち、途中区間をただ乗りすること。キセル乗車。

出典:青空文庫