《「すすだけ」とも》

  1. すすけて色が赤黒くなった竹。「煤竹の茶筅 (ちゃせん) 」

  1. 煤払いに用いる竹。先の方に枝葉を残したもの。 冬》