• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「てには俄狂言」の音変化とも、照葉という女性が創始したからともいう》江戸末期から明治中期まで行われた寄席演芸。狂言歌舞伎俄 (にわか) を交え、手踊り俗謡などを取り入れたもの。女役者だけで演じることが多く、衣装は素襖 (すおう) 裃 (かみしも) を用い、囃子 (はやし) には三味線を加えた。てるは狂言。

[補説]書名別項。→照葉狂言

泉鏡花の小説。明治29年(1896)発表。孤児の美少年貢 (みつぎ) が姉と慕うお雪や照葉狂言師匠小親 (こちか) に寄せる清純な愛を叙情的に描く。