• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名・形動]やたらに多くてわずらわしいこと。また、そのさま。
  • 「浩瀚の者は却って―に過ぎ」〈秋水・社会主義神髄〉