• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏語。煩悩にとらわれている姿も、その本体は真実不変の真如 (しんにょ) すなわち菩提(悟り)であって、煩悩と菩提は別のものではないということ。