(梵)kleśaの訳。苦悩・心痛の意》仏語。身心を悩まし苦しめ、煩わせ、けがす精神作用。貪 (とん) 瞋 (しん) 痴 (ち) は根元的な煩悩として三毒という。染。結。垢 (く) 。「―にさいなまれる」「―を解脱する」

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫