• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

扇であおられるように、いつも貧乏に追われていること。いくら稼いでも抜けられない貧しい状態。

「これかや―といふなるべし」〈浮・胸算用・五〉