• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山口県南東部、瀬戸内海に突き出た半島。南端の室津 (むろつ) と対岸の長島(上関 (かみのせき) 町)とは上関大橋で結ばれている。中世以降、室津と上関は内海航路の港町・風待ち港として栄えた。傾斜地はミカンの栽培、沿岸は漁業が盛ん。室津にある四階楼 (しかいろう) は明治時代初期の建造物で、国の重要文化財。室津半島。

[地理/日本地名/中国]カテゴリの言葉