• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世から近世にかけ、地獄極楽の絵解きをしながら、熊野三所権現勧進のため諸国を歩いた尼僧。小歌や俚謡 (りよう) をうたい物乞いをして歩いた。のちには、売色を業とする者もいた。歌比丘尼。勧進比丘尼。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉