【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。
  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

熟思黙想の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

黙って、心を平静にしてじっくりと考えること。▽「熟思」は十分に考える、よく考えをめぐらすこと。「黙想」は黙って、心を静かにして思いにふけること。
句例
熟思黙想して結論を出す
用例
自分は自分でよそごとを、といッた所がお勢の上や身の成り行きで、熟思黙想しながら、おりおり間外まはずれなため息かみ交ぜの返答をしていると、<二葉亭四迷・浮雲>
類語
沈思凝想ちんしぎょうそう 沈思黙考ちんしもっこう
活用形
〈―スル〉

熟思黙想の解説 - 学研 四字熟語辞典

精神をじっと集中して、静かに物事を考えるさま。黙ったままで、長い時間、一つのことを深く考えること。
注記
「熟思」は、よくよく考えること、深く思いをめぐらすこと。「黙想」は、黙って考えること。
類語
沈思黙考ちんしもっこう

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。