• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歩き慣れて、ようすをよく知っている道。

「敵は爰彼所 (ここかしこ) の―に依って防ぎけるゆゑ」〈読・唐錦・四〉