1. さめきらずに残っている熱。余熱。「かまどに―が残る」

  1. 高ぶった感情や興奮などのなごり。「いまだ―のさめやらぬ面持ち」

  1. 事件などがおさまったのち、しばらく残っている世間の関心。「―がさめるまで謹慎する」

出典:青空文庫