• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

火に焼かれそうなときは、最愛のわが子の方へ火を払ってでも逃れようとする。危急の際には極端な利己心が現れるたとえ。