• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 怒りや悲しみでにえくりかえっている心中。

    1. 「人も聞かぬ大言はきて、纔 (わず) かに―を冷やす物の」〈一葉・うもれ木〉

  1. 熱心に思い詰めること。また、その心。

    1. 「邦の為世の為に満腔の―を灑ぎ」〈東海散士佳人之奇遇