• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ四]

  1. 絶えず火が燃えつづける。また、一面に燃え広がる。

    1. 「―・る火のほとりにはありながら」〈延宝版宇津保・国譲下〉

  1. 心の中の苦しみが、絶えることなく続く。

    1. 「わが恋の消ゆる間もなく苦しきはあはぬ嘆きや―・るらむ」〈後撰・恋五〉