• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(ロシア)Ottsï i detiツルゲーネフの長編小説。1862年刊。ニヒリストのバザーロフを主人公に、古い道徳・習慣・信仰に生きる父の旧世代と、それらを否定する子の新世代との思想的対立を描く。この作品によってニヒリズムニヒリストの語が一般化した。

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉