[形動][文][ナリ]《歴史的仮名遣いは「さわやか」とも》
  1. 気分が晴れ晴れとして快いさま。さっぱりとして気持ちがよいさま。「朝の―な空気」「―な人柄 秋》「―に日のさしそむる山路かな/蛇笏

  1. はっきりとしていて聞きやすいさま。「―な声」「弁舌―に話す」

  1. 思い切りのよいさま。

    1. 「さして厭はしき事なき人の、―に背き離るるも」〈鈴虫

  1. きれいで鮮やかなさま。

    1. 「馬、物具まことに―に勢あって出で立たれたり」〈太平記・一四〉

[派生]さわやかさ[名]

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。