《「かた」は不完全の意で、漢字の一部分を用いるところから》万葉仮名として用いた漢字の偏 (へん) 旁 (つくり) 冠 (かんむり) 脚 (あし) など、その一部を取って作り出された音節文字。「阿→ア」「伊→イ」「宇→ウ」の類。平安時代に訓点が用いられるようになってから、その記入用として発達したが、現在では、主に外国語や擬声語擬態語などの表記に用いる。大和仮名。五十音仮名。かたかんな。 →平仮名

出典:青空文庫