• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

片利共生の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ともに生きていながら、一方は利益を受けるが、他方は利益も害も受けないこと。樹木とその樹皮につく地衣類の関係など。▽「共生」はともに生活すること。また、異種の生物が一緒に生活をすること。「生」は「棲」とも書く。
対義語
相利共生そうりきょうせい

片利共生の解説 - 学研 四字熟語辞典

二つの生物がともに生活している関係において、片方は利益を受けるが、もう一方は利益も害も受けない現象。樹木と地衣類の関係など。
注記
「片利」は、利益が片寄ること。「共生」は、異種の生物が生理的に結びつくなどして、ともに生活すること。
表記
「生」は、「棲」とも書く。

片利共生の解説 - 小学館 大辞泉

片方の生物のみが利益を受け、他方には利害がないと考えられる共生カクレウオフジナマコの場合など。

やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。