• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

半分またはそれ以上欠けている月。

「十日頃の―が白くかかっている」〈荷風・見果てぬ夢〉

[補説]書名別項。→片われ月