• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
    1. ㋐2字で成り立っている名の片方の字。偏諱 (へんき) 。

      「我が―に父が―を取って経春とつくべし」〈盛衰記・三六〉

    2. ㋑俳号などで、2字以上の場合、略して1字を書くもの。例えば「去来」を「来」と記す類。

      「―書き侍るに、ことごとしき字形は苦しかるべし」〈去来抄・故実〉

  1. 名を略して呼ぶこと。また、その略称。「紀国屋文左衛門 (きのくにやぶんざえもん) 」を「紀文」とよぶ類。片名字 (かたみょうじ) 。

  1. (「肩名」とも書く)名前の上に添える称号で、あだなのようなもの。

    1. 「寺々へ、仕事に入って―に呼ばれ、しかも大寺正兵衛といふ」〈伎・小袖曽我