• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《古くは「かたきし」とも》

  1. 片方の岸。

  1. 一方が険しいがけになっている所。

    1. 「山の奥の谷の―に、高き木のあるに」〈宇治拾遺・六〉

  1. かたわらにある場所。ほとり。

    1. 「左近の馬場 (むまば) を―にしたれば、いと遥かなり」〈かげろふ・上〉