• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 独りで泣くこと。独り泣き。一説に、半泣き、また、ひたすら泣く意とも。

    1. 「朝妻の避介 (ひか) の小坂 (をさか) を―に道行く者も偶 (たぐひ) てぞ良き」〈仁徳紀・歌謡〉

  1. 不十分な鳴き方。未熟な鳴き声。

    1. 「おのづからまだ―のひな鳥のかまへがたさのよをいかにせん」〈新撰六帖・六〉