• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 相撲で、2日目以後に初めて勝ち星をあげる。また一般に、スポーツなどで、負けつづけてやっと1勝をあげる。

  1. 文字を少し読める。

    1. 「ただ読めかし、と言ふ。いかでか、片目もあきつかうまつらでは、と言へば」〈・三一四〉