• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]《「け」は食事の意。「かたげ」とも》朝夕どちらかの食事。江戸時代、一日に朝夕二度の食事が普通であったところから生まれた語。かたき。
    1. 「たとへ―は食はずとも」〈浮・織留・五〉

[接尾]助数詞。食事の度数を数えるのに用いる。かたき。
    1. 「三度の御まんまを一―でも好いから他 (ひと) の家 (うち) で食べようって云うのが」〈漱石道草