• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「書経」牧誓から》めんどりが鳴いて朝を知らせる。女が権勢を振るうたとえ。国や家が衰える前兆とされる。