[名](スル)しっかり心にとどめて忘れないこと。銘記。
  • 「父のために憂え、某のために惜んで、心にこれを―していた」〈鴎外渋江抽斎

出典:青空文庫