• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

室町時代の御伽草子。2巻。作者・成立年ともに未詳。信濃国の物くさ太郎という無類の不精者が、皇族の末で善光寺如来の申し子とわかって出世し、死後はおたが(穂高)大明神となる。おたがの本地。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉