• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雑俳の一。点者が出す「…のものは」「…するものは」などの題に対して、機知に富んだ答えの句を付けるもの。寛保(1741~1744)のころから江戸で流行。謎 (なぞ) 付け。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉