[名](スル)
  1. 神事などのため、ある期間、飲食・言行などを慎み、沐浴をするなどして、心身のけがれを除くこと。潔斎。斎戒。

  1. 夢見の悪いときや、けがれに触れたとき、また、暦の凶日などに、家にこもるなどして身を慎むこと。

    1. 「いと恐ろしく占ひたる―により、京の内をさへ去りて慎むなり」〈・浮舟〉

  1. 2のしるしとして柳の木札や忍ぶ草などに「物忌」と書いて冠や簾 (すだれ) などに掛けたもの。平安時代に盛行した。物忌みの札。

    1. 「母屋の簾はみな下ろしわたして、―など書かせてつけたり」〈・浮舟〉

  1. 伊勢神宮をはじめとして香取鹿島春日 (かすが) 賀茂などの大社に仕えた童男・童女。

    1. 「神主―等ばかり留りたりしに」〈神皇正統記・応神〉

出典:青空文庫