[名](スル)物事を忘れること。古くは多く、悲しみや苦痛を忘れることにいう。「近ごろ物忘れして困る」
  • 「心のかよふならば、いかにながめの空も―し侍らむなど」〈・賢木〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース