• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形ク]それと認めるほどのものでもない。たいしたこともない。
  • 「懸想人の、いと―・き足もとを見つけられてはべらむ時」〈・夕顔〉