《古くは「ものくるい」》

  1. 正気でなくなること。狂気。

    1. 「海棠の露をふるうや―」〈漱石草枕

  1. 神がかること。また、その人。

    1. 「この―走りまはってひろひ集め」〈平家・二〉

  1. 能・狂言などで、子や夫と別れるなどの精神的打撃により一時的に興奮状態に陥って、歌舞・物まね芸を演じること。また、その人。

出典:青空文庫

出典:gooニュース