• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 呪物 (じゅぶつ) 崇拝

  1. もともと人間労働の生産物である商品・貨幣・資本があたかも独自に運動するかのようにみえ、それを当然とする意識が生みだされて人間が支配されること。マルクスが主著「資本論」において用いた語。フェティシズム。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[社会/経済]カテゴリの言葉