1. もの。品物。生命や精神に対立する存在としての物。「物質の世界」

  1. 物理学で、物体を形づくり、任意に変化させることのできない性質をもつ存在。空間の一部を占め、有限の質量をもつもの。素粒子の集まり。相対性理論ではエネルギーの一形態、量子論では場とされる。

  1. 哲学で、感覚によってその存在が認められるもの。人間の意識に反映するが、意識からは独立して存在するもの。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース