• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 頭だつ役。長。かしら。

    1. 「お家の掟 (おきて) を知らずんば、なぜ―には伺はぬ」〈浄・反魂香

  1. 武頭 (ぶがしら) 」に同じ。

    1. 「よき―をまことに幾人も申しつけ」〈甲陽軍鑑・三七〉

  1. 能楽で、頭にいただくかぶり物。かしら。

    1. 「―を本 (ほん) にして働けば、面白き便りあり」〈花伝・二〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉