• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

国および地方公共団体で、一般会計と区分して設けられた会計。国については、特定の事業を行う場合、特定の資金を保有してその運用を行う場合、その他特定の歳入をもって特定の歳出に充て、一般の歳入歳出と区分して経理する必要がある場合に限り、法律によって設置する。特会。→一般会計

[社会/政治]カテゴリの言葉

[社会/経済]カテゴリの言葉