[名・形動]他との間に、はっきりした区別があること。他と、はっきり区別して扱うこと。また、そのさま。格別。「―な(の)準備」「―な(の)感情は持っていない」「―に許可する」「―サービス」
[副]
  1. 他と、はっきり区別されるさま。物事の状態・性質などの度合いが群を抜いているさま。格別。とりわけ。特に。「今日は―暑い」

  1. (下に打消しを伴って)これといって。それほど。「―することもない」