• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

物理的に妥当な状況(空間におけるエネルギーが正など)を考えると、一般相対性理論が破綻 (はたん) する密度または時空曲率が無限大となる特異点が存在すること。たとえばブラックホールの内部には特異点があると考えられているが、事象の地平線の内側にあるため、たとえ因果律が破綻したとしても、外部には影響はない。1960年代にホーキングペンローズによって古典論の枠組みの中で証明された。ペンローズ・ホーキングの特異点定理。→裸の特異点