• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

牽衣頓足の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

非常につらい別れを惜しむことの形容。もと出征する兵士の家族が、兵士の服にすがり引き留め、足をばたばたさせて別れを悲しむ意から。▽「牽衣」は服にすがり引っぱること。「頓足」は足をばたばたさせる。地団駄をふむ。「衣を牽き足あしを頓とんす」と訓読する。
出典
杜甫とほ「兵車行へいしゃこう

牽衣頓足の解説 - 学研 四字熟語辞典

とてもつらい別れを惜しむさま。
注記
「牽」は、引っ張る。「牽衣」は、衣服にすがって引っ張ること。「頓足」は、足踏みをすること。戦争に出征する兵士たちを見送る家族が、行く人の衣服にすがって引っ張り、足踏みをし、行かせまいとして道をさえぎるさまを描いた杜甫とほの詩の一節から。出典の「衣ころもを牽き足あしを頓とんして、道を攔さえぎりて哭こくす」による。
表記
「牽衣」を「索衣」と書きちがえない。
出典
杜甫とほ「兵車行へいしゃこう

[揺れる気持ちを表す/別れのつらさ]カテゴリの四字熟語

キーワード[別れ]の四字熟語