• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

上代、犬のほえ声をまねて発し、宮廷を警備した隼人 (はやと) 。

「汝 (いましみこと) の俳人 (わざびと) たらむ。一に云はく、―」〈神代紀・下〉