• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

上代、元日・即位・大嘗祭 (だいじょうさい) などに、宮門を守る隼人 (はやと) が犬の遠吠えをまねた声を発したこと。また、その声。→犬人 (いぬひと) 

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉