• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

向田邦子の短編小説。昭和55年(1980)発表。同年、「かわうそ」「花の名前」とあわせ第83回直木賞受賞。

  1. 犬を飼うための小屋。また比喩的に、粗末で小さな家のこと。

  1. 江戸時代、第5代将軍徳川綱吉が中野・大久保などに作り、野犬を飼い養った小屋。→生類憐みの令

[補説]書名別項。→犬小屋