• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
《原題、(ロシア)Zapiski sumashedshawoゴーゴリの短編小説。下級官僚が次第に心を病み、ついにはスペイン王であることを主張するさまが日記形式でつづられる。
魯迅の短編小説。1918年「新青年」に発表。周囲の人間に食われるのではないかと妄想する男が書いた日記の形をとる。
色川武大の長編小説。幻聴や幻視に悩まされる主人公の孤独を描く。昭和63年(1988)刊行。同年、第40回読売文学賞受賞。