《狐の口から吐き出された火という俗説から》
  1. 闇夜に山野などで光って見える燐火 (りんか) 。鬼火。また、光の異常屈折によるという。狐の提灯 (ちょうちん) 。 冬》「―や髑髏 (どくろ) に雨のたまる夜に/蕪村

  1. 歌舞伎などで、人魂 (ひとだま) や狐火に見せるために使う特殊な火。焼酎火 (しょうちゅうび) 。

浄瑠璃本朝廿四孝 (ほんちょうにじゅうしこう) 」の四段目「謙信館奥庭狐火の段」の通称。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉

[冬/地理]の季語

出典:青空文庫