• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狐疑逡巡の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

きつねが疑い深いように、なかなか決心がつかず、ぐずぐずしていること。優柔不断なさま。▽「逡巡」は後ずさりする、ためらいぐずぐずすること。「巡」は「循」とも書く。
句例
狐疑逡巡してまだ決まらない
用例
幼い子供のとき、店の間の畳の上へ下りて行くときの、あの狐疑逡巡の気持と同じではなかったか、<宇野千代・或る一人の女の話>
類語
右顧左眄うこさべん 狐疑不決こぎふけつ 首鼠両端しゅそりょうたん 瞻前顧後せんぜんこご 遅疑逡巡ちぎしゅんじゅん
活用形
〈―スル〉

狐疑逡巡の解説 - 学研 四字辞典熟語

疑い深くて、なかなか決断できないこと。優柔不断なさま。
注記
「狐疑」は、狐のように疑り深いこと。「逡巡」は、ぐずぐずとためらうさま。
表記
「巡」は、「循」とも書く。
類語
首鼠両端しゅそりょうたん 遅疑逡巡ちぎしゅんじゅん
対義語
知者不惑ちしゃふわく

狐疑逡巡の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)疑いためらってぐずぐずすること。「狐疑逡巡してチャンスを逃がす」

[揺れる気持ちを表す/優柔不断]カテゴリの四字熟語

キーワード[決意・決断]の四字熟語

キーワード[迷い・迷う]の四字熟語