• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狡兎三窟の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人が身の安全のために、たくさんの避難場所やさまざまな策を用意するたとえ。難を逃れるのに巧みなたとえ。また、ずる賢い者は用心深く、抜かりなく困難から逃れる手段用意しているたとえ。すばしこいうさぎは三つの隠れ穴をもって危険から身を守る意から。▽「狡」はすばしこいこと。また、悪賢いこと。「窟」は穴。
出典
『戦国策せんごくさく』斉策せいさく
類語
狡兎三穴こうとさんけつ

狡兎三窟の解説 - 学研 四字熟語辞典

身を守るのにきわめて用心深いことのたとえ。困難災難を逃れるのが巧みであることのたとえ。
注記
「狡兎」は、すばしこくずるがしこいウサギのこと。「窟」は、穴。すばしこくずるがしこいウサギは、いざというときのために三つの隠れ穴をもっているという意から。出典の「狡兎に三窟有り、僅わずかに其の死を免まぬがるるを得るのみ」による。
表記
「兎」は、「兔」とも書く。
出典
『戦国策せんごくさく』斉せい
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。