1. 公家 (くげ) が狩りに出るときの装束。普通は狩衣 (かりぎぬ) 狩袴 (かりばかま) を着た。

  1. 平安末期から、武士が狩りをするときの装束。水干または直垂 (ひたたれ) をつけ、行縢 (むかばき) をはき、綾藺笠 (あやいがさ) あるいは竹笠をかぶり、太刀・腰刀を身につけ、籐巻 (とまき) の弓や野矢を携えた姿。