• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狩野光信の解説 - 小学館 大辞泉

[1561または1565~1608]安土桃山時代の画家。永徳の子。父の豪壮な画風に対して、大和絵風の優美で叙情的な画風をもって慶長年間に活躍。作品に勧学院の「花鳥図襖」など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉