• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 山野で鳥獣を追いかけて捕らえること。猟 (りょう) 。狩猟。 冬》「弓張や―に出る子のかげぼふし/嘯山

  1. (接尾語的に用い、「がり」と濁る)

    1. ㋐魚介類をとること。「潮干―」

    2. ㋑山野で植物を観賞・採集すること。「まつたけ―」「もみじ―」

    3. ㋒追いたてて捕らえること。「山―」「魔女―」

[補説]作品名別項。→かり
(狩)俳句雑誌。昭和53年(1978)、鷹羽狩行の主宰により創刊。
(狩り)《原題、(ドイツ)Jagdモーツァルトの弦楽四重奏曲第17番変ロ長調の通称。1784年作曲。「ハイドン四重奏曲」中の第4作。通称は狩りの角笛に似た音型があることに由来する。
(狩り)《原題、(フランス)La Chasseハイドンの交響曲第73番ニ長調の通称。1782年作曲。通称は、自作の歌劇から狩りの場面を描写した前奏曲を、第4楽章に転用したことに由来する。